汗かき💦薬剤師saitorioブログ

汗かき薬剤師による健康相談ブログです。

【残業対策】見えない「壁」インフォーマルバリアーをぶっこわーす!

【残業対策】見えない「壁」インフォーマルバリアーをぶっこわーす!

インフォーマル

壁

ぷよーー( ^ω^ )

汗かき薬剤師saitorioと申します。

 

www.saitorio.work

 

今回は、残業対策について解説していきたいと思います。

 

今の時間軸だと、12月師走ということで企業、特に私が属してる医療業界においては風邪の患者が増えて忙しくなる時期ではないでしょうか?

 

そうなってくると、個人の負担が増えて手が回らなくなって残業するって傾向にあるように感じます。

 

過去の関連記事はこちらです

www.saitorio.work

www.saitorio.work

 

チャンネル登録( `・∀・´)ノヨロシク


【切り抜き】ホラーゲーム苦手女子の悲鳴集まとめ『影廊-Shadow Corridor-』

 

 

 

応援よろしくお願いします!!!

 

 

 

業務高での残業は、見直しでなんとか対応が出来そうですが本当に厄介なのが心の問題だと私は考えてます。

 

こんな経験ありませんか?

自分はやることが終わって帰ろうとしてる時に、周りが作業してたら

なんか帰りづらいってなることないですか…

 

なにも感じない人はそれでオッケーです(笑)

 

では、何がそうさせているのか?気になるところなので、早速解説していきますね(*'ω'*)

 

それでは・・レッツゴー( ゚Д゚)!!!

 

 

◆要点

✅長時間労働にメリットはない

✅現場の意見と取り入れない残業対策はナンセンス

✅優先して取り掛かるべきなのは、職場に蔓延る心の壁をぶっ壊すこと

 

長時間労働の問題点

✅人的資本の無駄遣い

✅労働時間が長すぎると仕事と生活を調和させるのが困難

✅ダイバーシティの障壁要因になる

✅イノベーションを妨げる

✅労働時間が長くなると、健康・ウェルビーイングに負の影響を与える。

 

残業することによる長時間労働は、個人や企業にとってデメリットしかないですね…


長時間労働を続けることは、肉体的にも精神的にも負担が大きく、健康にも決して良くないことが確認されている。 

 

中でも仕事と生活を調和させるのが困難しされています。


当然あなたは仕事だけをしているわけではなく、労働者と同時に生活者,消費者,保護者,介護者など複数の役割を担います。

 

働きすぎが原因でワークライフバランスが実現できなくなり、結婚・家族生活、また介護生活へのしわ寄せが懸念されている。

 

www.saitorio.work

労働時間と幸福度の関係

労働時間と幸福度には負の影響がある。

ドイツ労働者の幸福度研究では

①労働時間は所得を増やす

②所得は幸福度を高める

③労働時間は幸福度を低下

残業すれば、もちろん残業代で収入面が豊かになりますが、結局③は②を相殺するような影響があると説明している。


腑に落ちる、おもしろい一例の紹介です(笑)

考え方を変える必要がありそうですね。

 

www.saitorio.work

残業のイメージ

根付いた、「残業」の社会観念がある。あなたは残業についてどのような印象があるでしょうか?

 

🌟残業=頑張っている=美徳

 

ある企業のアンケート調査では「残業している人」のイメージとは

✅頑張っている人

✅責任感が強い人

 

といった「ポジティブイメージ」が最も多く

✅仕事が遅い人

✅残業代を稼ぎたい人

といった「ネガティブイメージ」 を大きく上回った結果となった。

 

また、時代遅れな企業に蔓延するシグナルとして

■プラスのシグナルの代表格

✅残業

■マイナスのシグナルの代表格

✅定時退社

✅有給休暇

✅男性の育児休暇


休みを取ること自体がマイナスのシグナルとして捉えられると思われるからだろう。

 

www.saitorio.work

 

日本社会の弊害

✅仕事が終わっても職場の雰囲気を気にする

✅上司が残っているから退社できない

✅集団意識が強い

✅上下関係が厳しい

早く帰るのは皆に申し訳ないという考え方から発生する。

「付き合い残業」は日本特有な現象だろうと思う。

 

www.saitorio.work

ナンセンスな残業対策

しかし、朗報なのか分かりませんが少し前から取りだたされている。

「働き方改革」

 

企業が残業など労働に対して何かしらの対策をとると思いますが、やってはいけない残業対策ってのがあります。


✅強制的に決まった時間に消灯して退社させる手法です。

 

経営者や上司側には手間がかからなくて、都合が良いかもしれないが、社員からは不評である。


あとは、上司から言われる「時間だからあがっていいよ」って言われる。

 

この問題の本質を解決になってないから、本当の意味での「働き方改革」になってないのが現状ではないでしょうか?

 

当時、テレビの取材である企業の残業対策が取り上げられてました。

 

その時の対策がまさに、強制的に消灯するって方法でした。

 

やっぱり、経営者や上層部の考えてることって、現場とずれているのが分かってしまった事例だと思う。

 

また内閣府(2014)正社員調査より「残業削減に効果的だと思う取り組み」に対して,「オフィスの強制消灯」の回答率は最下位であることからも明白ですね。

 

www.saitorio.work

職場に蔓延る心の壁

見えない「壁」をぶっ壊せ!🤜

✅インフォーマルバリアー


これは、社会慣習や文化特性といった見えない「壁」を意味する言葉です。


法制度や経済的インセンティブといった、フォーマルバリアーより見えなくて、とっつきにくい性質がある。


ここに長時間労働問題の原因があると私は思います。

 

先に帰りずらいなーって感覚。

強制的に消灯するより、上司が定時で上がるようにした方が良い気がするのは僕だけでしょうか?

 

www.saitorio.work

働き方改革

働き方改革の議論内容

✅労働生産性は主要国の中で低水準

✅労働時間が長すぎる

✅働き方の自由度が低い

✅他国と比べて転職が難しい


能力の高い労働者がその能力を発揮できず、結果として労働生産性が低くなっている側面に注目が集まっている。

 

会社に依存する勤務形態であればこれからの時代に取り残される可能性があります。

 

言われたことを卒なくこなすよりか自分発信で仕事を進められるようにこれからは意識していきませんか?

 

www.saitorio.work

 

まとめ

✅長時間労働にメリットはない

✅現場の意見と取り入れない残業対策はナンセンス

✅優先して取り掛かるべきなのは、職場に蔓延る心の壁をぶっ壊すこと

 

でした(*'▽')

最後まで見て頂きありがとうございます。

 

もしよろしければ、この内容が良かったと思われたら多くの人に知って頂きたい内容なのでSNS等で拡散して頂けると嬉しいです。

 

次回以降も健康に関する情報を発信していきますので、よろしくお願いします。

 

気になることがあればどんどんコメントしてねー( ^ω^ )

それでは、ばいばーい(@^^)/~~~

 

⇩YouTubeはこちら⇩


【血糖スパイク】隠れ高血糖に注意!?~予防法伝授~【第3回】

 

 

⇩Twitter⇩

 

⇩note⇩

note.com