汗かき💦薬剤師saitorioブログ

汗かき薬剤師による健康相談ブログです。

【圧の衝撃に備えよ】心筋梗塞へ誘う,モーニングサージと早朝高血圧の違い

【圧の衝撃に備えよ】心筋梗塞へ誘う,モーニングサージと早朝高血圧の違い

f:id:saitorio:20200526111552j:plain

 

ぷよーー( ^ω^ )

汗かき薬剤師saitorioと申します。

 

www.saitorio.work

 

今回は引き続き『血圧』関連の

テーマで記事を作成していきます。

 

この記事で得られることは

☑モーニングサージってなに?

☑早朝高血圧とどう違うん?

☑放置したらどうなるん?

 です(*'▽')

 

少し話が逸れますが

この記事を作成にあたり

 

どれくらい『モーニングサージ』を

知っているのか気になり

 

 

このようなツイートをしました。

 

Twitterの反応はこんな感じでした。

 

 

 

じゅなさん(@junajunatokyo)

ご協力ありがとうございました。

 

お知り合いの方が

血圧が高くて悩まれていて

 

降圧剤を服用するか

悩まれている様子ですね。

 

私の予想ですが

血圧は下げて方が良いのは

分かってる。

 

だけど、薬を飲むのが怖い

ってところでしょうか?

 

簡単な言葉で表すなら

『降圧剤』を飲んで血圧を下げる

 

意味を理解することで

悩みが改善されると思います。


血圧の重要性について啓発活動を

行っている理由については

 

まだまだ、高血圧に対する

軽視が未だに臨床の現場でも

見られるからです。

 

「なんでこの薬飲み続けなあかんの?」

「雑誌で書いてたけど、この薬飲んだらダメみたいね?」

 

などなど。

 

如何に血圧を下げる、

コントロールするのが

 

これからの健康に関わってくるのか

理解されてないケースがあると

薬局で働いてて分かります。

 

なので、今回は血圧の中でも

『モーニングサージ』や

 

『早朝高血圧』に特化して

解説していきます。

 

過去の関連記事はこちらです

www.saitorio.work

www.saitorio.work

 

チャンネル登録( `・∀・´)ノヨロシク

www.youtube.com


【日本人の食事摂取基準】みんなで食塩摂取量の勉強して減塩するお( ^ω^ )

 

 
 

 

応援よろしくお願いします!!!

 

 

過去にも血圧関連の記事を

投稿してますので

是非チェックして下さいね(*'▽')

 

それでは・・レッツゴー( ゚Д゚)!!!

 

 

血圧の二面性

血圧を下げる、基準値内に

コントロールすることは

 

将来起こりうる心筋梗塞や

脳卒中の発症を予防する。

 

これには高血圧と言うものが

慢性リスクと急性リスクの

二面性を併せ持つために

 

生涯に亘り,循環器疾患の

発症に関与するからだ。

 

❐慢性リスク

高血圧は高血圧性心疾患を進行させ糖尿病,脂質代謝異常ならびに喫煙等と共に動脈硬化を促進する。

 

❐急性リスク

サージ血圧(急激且つ巨大な血圧上昇)が血管障害を引き起こし,脳卒中,心筋梗塞などの循環器イベント発症のトリガーとなる。

 

血圧の推移

生涯に亘る循環器イベントの発症とリスク因子の関わり

 

つまり、高血圧治療をすることは

慢性リスク因子の徹底管理によって

起こり得る血管障害を抑制する。

 

急性リスク因子を予測回避より

早期から循環器疾患の発症と

重症化を予防する意味がある。

 

高血圧状態が如何に

危険な状態なのか理解して

頂けたら幸いです(*'▽')

 

❑Point

高血圧治療は「予見医学(重症化予防)」の実践である。

つまり、脳卒中や心筋梗塞の発症予防する目的がある。

note.com

 

モーニングサージ

上の章の解説の中に

『血圧サージ』とは

 

急激に血圧が上がってしまう

現象のことだと知ったと思います。

 

なので、モーニングサージとは

その字のように早朝に血圧が

急激に上がってしまうことを意味する。

 

良く高齢者は冬場の冷えや

起床時に心筋梗塞や脳卒中の

 

リスクが非常に高いって

聞いたことはないだろうか?

 

ここに関わってくるのが

『モーニングサージ』という

現象そのものである。

 

サージ血圧

血圧の生涯変化(Kario and Wang: Hypertension 71:979-984, 2018)

 

如何に、血圧のコントロールが

出来てないことが危険であると

いうことが分かるだろうか?

 

因みに専門的な内容になってしまうが

早朝高血圧って言葉もある。

 

それぞれの意味合いは

ほとんど同じような意味です。

 

❐早朝高血圧

☑診察室外血圧のなかでも早朝の血圧が特異的に高値(135/85mmHg以上)を示す。

☑夜間高血圧から移行するタイプと,朝方に急峻に血圧が上昇するタイプ(モーニングサージ)がある。

 

重要な点は,高血圧を治療し

どのような方法でも

 

血圧レベルを低下させ

高血圧に起因する臓器障害と

循環器疾患の予後を改善することである。

 

❑Point

早朝高血圧には、夜間高血圧から移行するタイプと,朝方に急峻に血圧が上昇するタイプの2種類がある。

www.saitorio.work

 

早朝高血圧が起きる原因

 

高血圧のリスクをより早期から認識し

その後に続く疾患の発症を

予防・抑制していくことが重要です。

 

しかし血圧は絶えず変動しており

早朝高血圧には加齢,交感神経や

 

レニン・ アンジオテン(RA)系などの

神経内分泌系の亢進,

 

血管スティフネスの増大が関連し,

寒冷,身体・ 精神的ストレス,

喫煙や飲酒などが修飾因子となる。

 

では、夜間ではどうだろうか?

 

夜間血圧は昼間の活動時の

血圧に比べて変動幅が小さいため

 

その平均値が高値である状態は

心血管病リスクの増加,

認知・身体機能の低下と

より強く関連してくる

 

夜間高血圧の原因としては,

睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害

 

心不全や腎不全による

循環血流量の増加加齢や

糖尿病に伴う自律神経障害などがある。

 

❑Point

早朝高血圧の原因は、加齢や交感神経の亢進があり、その他、ストレスや喫煙も原因になる。

www.saitorio.work

 

早朝高血圧を調べる方法

自分の血圧がモーニングサージを

起こしているのか調べる為には

朝起きて血圧を測ることです。

 

まあ当然ですね(笑)

でも、ご自宅に血圧測定器は

あるでしょうか? 

 

もしかしたら、知らぬ間に

血圧が上がっていることを

見過ごしているかもですね、

 

因みに病院で測定する場合は

条件が変わってくるので

 

家で測定された方が

いいですね。

 

また家庭血圧の測定は

降圧薬治療における薬効の評価,

 

過剰な降圧または

不十分な降圧の判断

 

高血圧の診断と

治療方針の決定に有用である。

 

ぜひ、高血圧治療中の方は

測定器の購入を勧めたい。

 

さらに早朝家庭血圧コントロールの

重要性は大迫研究など

 

種々の研究により

食塩感受性が大きく,

食塩摂取の多い日本人では,

 

欧米人よりも

血圧モーニングサージがより大きく

早朝血圧がより高いと報告がある。

 

よって、家で血圧測定することで

日本人に多いモーニングサージを

 

早期に発見することが出来て

適切な治療によって

 

血圧をコントロールし

心血管病や認知症の発症

更に生命予後の予測能に優れる。

 

これで、高血圧を治療する

意義は分かって頂けたでしょうか?

 

よしご不明な点など

コメントにて受け付けておりますので

ご気軽に教えてくださいね(*'▽')

 

❑Point

特に日本人はモーニングサージになりやすいため、予防すると共に日々自分の血圧を確認しよう。

note.com

 

まとめ

☑高血圧治療は「予見医学

(重症化予防)」の実践である。

 

つまり、脳卒中や心筋梗塞の

発症予防する目的がある。

 

☑早朝高血圧には、

夜間高血圧から移行するタイプと

朝方に急峻に血圧が上昇する

タイプの2種類がある。

 

☑早朝高血圧の原因は、

加齢や交感神経の亢進があり、

その他、ストレスや喫煙も原因になる。

 

☑特に日本人はモーニングサージに

なりやすいため、予防すると共に

日々自分の血圧を確認しよう。

 

でした(*'▽')

 

最後まで見て頂き

ありがとうございます。

 

もしよろしければ、

この内容が良かったと

思われたら

 

多くの人に知って

頂きたい内容なので

 

SNS等で拡散して

頂けると嬉しいです。

 

 

次回以降も健康に

関する情報を

 

発信していきますので、

よろしくお願いします。

 

気になることがあれば

どんどんコメントしてねー( ^ω^ )

 

それでは、ばいばーい(@^^)/~~~

 

 

⇩YouTubeはこちら⇩


【日本人の食事摂取基準】みんなで食塩摂取量の勉強して減塩するお( ^ω^ )

 

 

⇩Twitter⇩

 

⇩note⇩

note.com


⇩参考文献⇩

https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/108/3/108_514/_pdf

https://www.jstage.jst.go.jp/article/hwelfare/24/2/24_23/_pdf