汗かき💦薬剤師saitorioブログ

汗かき薬剤師による健康相談ブログです。

【コラーゲンペプチド】ウイルスから身を守るためにおすすめの免疫力を高める栄養食品『食べるコラーゲン』

【コラーゲンペプチド】ウイルスから身を守るためにおすすめの免疫力を高める栄養食品『食べるコラーゲン』

 

f:id:saitorio:20200424160012j:plain

 

 

ぷよーー( ^ω^ )

 

汗かき薬剤師saitorioと申します。

 

 

 

www.saitorio.work

 

 

今回は免疫力を

高める食品の紹介になります。

 

 

この記事で得られることは

★コラーゲンペプチドってなに?

★何でコラーゲンペプチドが免疫力を高めるの?

★どれくらい摂取すればいいの?

 

 

この新型コロナの影響は

計り知れないものであり、

 

少しでも感染する

リスクを下げたり

 

重症化を

予防できる方法があれば

 

自分のものにして

活用したいですよね?

 

 

なので今回はあまり知られてない

コラーゲンペプチドの

 

免疫系への作用について

知って欲しいと思います。

 

 

過去の関連記事はこちらです

 

www.saitorio.work

 

www.saitorio.work

 

 

 

チャンネル登録( `・∀・´)ノヨロシク


 


【薬剤耐性菌】MRSAとか怖すぎ。風邪の時の抗菌薬で薬が効かなくなる?

 

 

 

応援よろしくお願いします!!!

 

 

 

❐コラーゲンペプチドの要点

 

☑コラーゲンあるいはゼラチンを

酵素などで加水分解したもの。

 

☑コラーゲンペプチド由来成分が

T細胞数や機能において

何らかの作用をしている

 

☑食事から摂るときは、

魚や肉を丸ごと食すこと

 

☑独特の匂いは、

商品ごとに異なる。

 

☑1日あたり

5~10gの摂取でよい。

 

 

それでは・・レッツゴー( ゚Д゚)!!!

 

 

要約

コラーゲンペプチド経口摂取の効果として免疫系への作用を検討した.ヒト試験においては免疫力を総合的に判定できる免疫力スコアの向上が認められた.

 

 

 

 

コラーゲンペプチドとは

 

コラーゲンペプチドは

コラーゲンあるいはゼラチンを

酵素などで加水分解したもの。

 

 

コラーゲン:難容性、30万

⇩加熱

ゼラチン: 溶けにくい

⇩酵素処理

コラーゲンペプチド :溶けやすい

 

 

効率良く効果を実感しようと

思うと、良く見かける

 

コラーゲンそのものを食べるより

すでにコラーゲンから分解された

 

コラーゲンペプチドを

摂取した方がそのまま

 

皮膚や骨の細胞に

働きかけるので効率が良い。

 

 

コラーゲンペプチドの性質である

溶けやすいことによって

 

健康食品として

幅広く利用されており

 

とくに美容関係において

消費者の認知度は高いと思う。

 

 

因みに今回のテーマとは

脱線するが、

コラーゲンペプチドの

 

5g/日の経口摂取が

シワ数減少など

 

皮膚機能の改善に対して

有効であることを報告されている。

 

この辺のコラーゲンと美容の

解説を希望する人はコメントにて

教えて欲しいです(*'▽')

 

 

時を戻そう(ペコパ)

 

なので、

コラーゲン=肌に良いってのは

 

本来のコラーゲンの

効果を見失う恐れがある。

 

 

コラーゲンはそもそも

ほ乳類,鳥類,魚類のような

 

様々な動物において

皮膚,アキレス腱,軟骨,骨,

 

そして結合組織を構成する

主要なタンパク質を指します。

 

 

その量は身体の

タンパク質の約3分の1を占める。

 

 

❑Point

コラーゲンペプチドはコラーゲンあるいはゼラチンを酵素などで加水分解したもの。

 

 

www.saitorio.work

 

 

免疫力

 

一度病気に感染した人は

病気にかかりにくくなる

というのは周知の通り。

 

俗にこれを免疫といわれる

現象がそれである。

 

 

ではコラーゲンペプチドを摂ることで

どのような変化が体の中でおこるのか?

 

 

コラーゲンペプチドを

朝食および夕食後の

 

1日2回各5gを水で摂取し、

総合的な免疫力を測定した結果

 

・免疫力スコア

・T細胞数

・メモリーT細胞数

・CD8+CD28+ T細胞数

・NK細胞数

 

➡有意に増加

 

Tリンパ球年齢とCD4/CD8 T細胞比

➡有意に低下しました

 

 

T細胞やNK細胞は

いわゆる僕らの体を守ってくれる

免疫系を担う大事な細胞です。

 

 

つまり、コラーゲンペプチドを

摂取することで、これらの免疫系が

 

活性化されたということは

病原体や毒素などの

 

外来の異物などや

がん細胞を攻撃して

 

排除する力が強くなった。

ってことになると考えられる。

 

 

❑Point

コラーゲンペプチド由来成分がT細胞数や機能において何らかの作用をしている可能性が考えられる

 

❐補足

プラセボ対照二重盲検群間比較試験とは? 

プラセボによるプラシーボ効果(思い込み効果)を除去するために、研究者にも被験者にも、どちらが効果を期待する「対象物(今回はコラーゲン)」で、どちらが効果の無い「プラセボ(今回はデキストリン)」であるか、わからないようにして試験を進める方法。

 

 

www.saitorio.work

 

 

 

食事から免疫力を高めるには?

 

コラーゲンペプチドを健康食品や

サプリメントから摂取するのが

 

効率的ではあるが

経済的な理由などで手軽に

試せるのが難しいと思う。

 

 

そんな時は普段の食事から

コラーゲンを多く含む食品を

食べることをお勧めします。

 

 

何に多く含まれているのか

というと、魚の皮や肉のすじ

 

丸ごとの小魚など

食べる機会が減ってるものに

多くのコラーゲンが含まれています。

 

 

コラーゲンってどこに

多いか覚えてますか?

 

 

皮膚とか関節でしたね?(笑)

だから丸ごと食べた方が

 

多くのコラーゲンを

摂れるということですね。

 

 

❑Point

コラーゲンを食事から摂るときは、魚や肉を丸ごと食すこと

 

 

www.saitorio.work

 

 

サプリメントを選ぶポイント

 

コラーゲンペプチドの性質は

原料として使用するゼラチンの種類や

 

加水分解に使用する蛋白分解酵素の

種類と分解条件などによって変化する。

 

とくに動物臭が残っていると

消費者に受け入れられないことが

 

あるが、十分に精製することで

臭いを低減することができる。

 

 

コラーゲンの生臭さが気になるなら

違う商品を試しても良いと思う。

 

 

❑Point

コラーゲンの独特の匂いは、商品ごとに異なる

 

 

note.com

 

 

適切なコラーゲン摂取量

 

コラーゲンを1 日にどれくらい

摂取することが望ましいかは

まだ明確になっていない。

 

ヒトを対象とした

コラーゲン摂取試験をみると

 

1日あたり5~10gの摂取で

有意な効果が確認されている。

 

 

❑Point

コラーゲンは1日あたり5~10gの摂取でよい。

 

 

まとめ

 

コラーゲンペプチドのまとめ

 

☑コラーゲンあるいはゼラチンを

酵素などで加水分解したもの。

 

☑コラーゲンペプチド由来成分が

T細胞数や機能において

何らかの作用をしている

 

☑食事から摂るときは、

魚や肉を丸ごと食すこと

 

☑独特の匂いは、

商品ごとに異なる。

 

☑1日あたり

5~10gの摂取でよい。

 

 

でした(*'▽')

 

 

最後まで見て頂き

ありがとうございます。

 

 

もしよろしければ、

この内容が良かったと

思われたら

 

多くの人に知って

頂きたい内容なので

 

SNS等で拡散して

頂けると嬉しいです。

 

 

 

次回以降も健康に

 

関する情報を

 

発信していきますので、

 

よろしくお願いします。

 

 

 

気になることがあれば

 

どんどんコメントしてねー( ^ω^ )

 

 

それでは、ばいばーい(@^^)/~~~

 

 

 

 

⇩YouTubeはこちら⇩

 

 


【ダークソウル3】僕は悪い闇霊ではないよ…侵入の変わった遊び方法

 

 

 

⇩Twitter⇩

 

 

 

 

 

⇩note⇩

note.com

 

 

参考URL

https://www.nippi-inc.co.jp/biomatrix/tabid/172/Default.aspx?itemid=306#shiken3

 

https://www.jstage.jst.go.jp/article/vso/91/7/91_433/_pdf

 

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ffr/14/0/14_44/_pdf