汗かき💦薬剤師saitorioブログ

汗かき薬剤師による健康相談ブログです。

『バイオジェニックスとは』乳酸菌やビフィズス菌を毎日摂った方が良い5つの理由

『バイオジェニックスとは』乳酸菌やビフィズス菌を毎日摂った方が良い5つの理由

 

f:id:saitorio:20200119171328j:plain

 

 

ぷよーー( ^ω^ )

 

汗かき薬剤師saitorioと申します。

 

 

www.saitorio.work

 

 

 

今回は、乳酸菌とヨーグルトについて

日々の健康に対して解説したいと思います。

 

乳酸菌やヨーグルトって健康に良い

イメージがありますよね?

 

昨今の健康志向の高まりに

伴ってかヨーグルトや

乳酸菌入りチョコレート菓子、

カップ麺等の食品が増えている。

 

今、流行りの腸活や腸内環境を整えよう

っていうやつですね(*'▽')

 

でもなんで乳酸菌が体に良いのか?

とか、そもそも乳酸菌ってなに?

 

まで、基本的なことから初めて

いこうと思います。

 

 

 

過去の関連記事はこちらです

 

www.saitorio.work

www.saitorio.work

 

 

 

チャンネル登録( `・∀・´)ノヨロシク

 


【便秘解消】はちみつを食べると便秘改善ってマジ!?【プロバイオティクス】

 

 

 

 

 

 

それでは・・レッツゴー( ゚Д゚)!!!

 

 

 

ポイント

 

乳酸菌とは,

糖を分解して乳酸を作る細菌の総称

 

バイオジェニックスは

殺菌処理した乳酸菌やヨーグルトが

健康機能を発揮する有効成分

 

ヨーグルトを選ぶ時は

味の好みで毎日続けられそうな商品

 

 

 

 

 

乳酸菌とは

 

乳酸菌とは,

糖を分解して乳酸を作る細菌の総称です。

 

ヨーグルトやチーズ,味噌,漬物,

キムチなど,古くから世界中の

発酵食品に利用されている。

 

 

菌って付くだけに

広義では、糖を分解して乳酸を

作り出す細菌の総称であり

 

生物学的な分類上特定の菌種を

指すものではないです。

 

 

乳酸菌の働きとして4つの効果が

期待されています。

 

 

乳酸菌が食品を発酵することで

 

①食品のタンパク質や糖質を

   分解することによる栄養の吸収性向上

 

②ビタミンB群などの栄養素の産生

 

③乳酸や抗菌物質を産生することによる

   食品の保存性向上

 

④酸味やうま味,香気成分の付与といった

おいしさの向上というように,

食品の二次機能,三次機能を

高める働きがある

 

 

 

www.saitorio.work

 

 

 

ビフィズス菌

 

では、ビフィズス菌って何でしょうか?

 

簡単に言うと、

分類学的には乳酸菌とは

異なる種類の細菌です。

 

 

乳酸菌と同じく多くの健康作用が

報告されているBifidobacterium属の

細菌(ビフィズス菌) は乳酸菌と

 

同様ヨーグルトや乳酸菌飲料などの

乳製品に用いられていることや,

乳酸を生成することから

乳酸菌の一種として扱われる場合が多い

 

 

乳酸菌とビフィズス菌の比較



■乳酸菌

・腸内の糖質から乳酸を産生

・上部消化管でも育成

 

■ビフィズス菌

・ブドウ糖から酢酸と乳酸を産生

・大腸で生菌数が多い

 

 

www.saitorio.work

 

 

 

ヨーグルト不老長寿説

 

では何故、乳酸菌を始めとする

腸内細菌が評価されたのかというと

 

ロシアの細菌学者イリヤ・

メチニコフ博士が

ヨーグルトを毎日食べている

 

コーカサス地方の住民に

長寿が多いのは,ヨーグルト中の

 

乳酸菌が腸内で腐敗物質を作る

有害菌を減らすためとする。

 

 

「ヨーグルト不老長寿説」を

唱えたのがきっかけになります。

 

 

そこから様々な健康機能に

関する研究が進められて

現在の消費者の健康志向の

 

高まりを背景に,整腸作用や

感染防御作用抗アレルギー効果など,

 

乳酸菌が持つさまざまな健康機能が

明らかとなっている。

 

 

 

www.saitorio.work

 

 

 

バイオジェニックス

 

腸内環境や腸活って言葉は

最近の流行りなので聞いたことある

読者の方は多いだろうと思う。

 

 

それらの言葉に近しい概念が

まだあることはご存知だろうか?

 

・プロバイオティクス

・プレバイオティクス

・バイオジェニックス

 

 

詳しい解説は過去の記事より

参照して頂けると嬉しい。

 

 

ざっくり言うと腸内細菌に

作用する食品を指します。

 

ヨーグルトとかね(*'▽')

 

 

その中でも、

バイオジェニックスに

ついて見ていきましょう

 

「バイオジェニックス

(biogenics)」とは

 

1997 年に光岡知足博士により

提唱された概念

 

直接あるいは腸内細菌を介して

 

◆免疫賦活作用

◆コレステロール低下作用

◆血圧降下作用

◆整腸作用

◆抗腫瘍作用

 

 

などを持つ食品成分と定義されている。

 

プロバイオティクスと異なるのは、

生きた乳酸菌を有効成分とする

プロバイオティクスに対して

 

バイオジェニックスは

殺菌処理した乳酸菌やヨーグルトが

 

健康機能を発揮する有効成分

であることです。

 

 

要するに、胃酸で菌がやられても

十分に健康機能を果たしますよって意味。

 

 

www.saitorio.work

 

 

 

ヨーグルトを毎日食べる習慣

 

日々の健康を維持したいなら

毎日継続してヨーグルトを

食べることです。

 

 

でも、お店に行くと沢山種類があって

迷いますよね(笑)

 

 

でも大丈夫。

商品によってなんとかかんとか

試験で風邪の予防やピロリ菌の

 

予防にって訴求してますが

気にしなくて良いです。

 

 

あーそんなんだ。

(* ̄- ̄)ふ~んって感じです(笑)

 

 

大事なのは、毎日続けることです。

 

 

このヨーグルト健康に

良いみたいだよって

 

勧められたものが自分の口に

合わなかったら続けられないですよね?

 

なので、いろいろ試して、

味を含め個人にあったものを

見つけて毎日食べることです。

 

 

基本的に整腸作用に関しては

どれも大差ないし

値段も量も変わらない。

 

 

そのほかの効果についても、

まだまだエビデンスとして

不十分なので。

 

 

よって、自分の好きなヨーグルトを

毎日食べることが重要だと言えます。

 

 

www.saitorio.work

 

 

 

機能性表示食品のトピックス 


乳酸菌関連の

新しいトレンドがあります。

 

それは、口腔内環境です。

 

凄いですよね(笑)

腸やら口の中やら。

 

 

口腔内フローラが注目されたのは

歯周病など口の中の健康が

 

体全身に影響するという報告が

上がってきたことが大きいと思います。

 


◆乳酸菌

・ロイテリ菌

・ラムノーザス菌L8020株


「口腔内環境を良好に保ち

歯ぐきを丈夫で健康に保つ機能」がある。

 

と言われています。

初めて口腔内フローラをターゲットにしている。

 

これから、サプリメントや健康食品で

見かけることが多くなりそうですね。

 

 

www.saitorio.work

 

 

 

まとめ

 

乳酸菌とは,

糖を分解して乳酸を作る細菌の総称

 

バイオジェニックスは

殺菌処理した乳酸菌やヨーグルトが

健康機能を発揮する有効成分

 

ヨーグルトを選ぶ時は

味の好みで毎日続けられそうな商品

 

 

でした(*'▽')

 

 

もしよろしければ、

 

この内容が良かったと

思われたら

 

多くの人に知って

頂きたい内容なので

 

SNS等で拡散して

頂けると嬉しいです。

 

 

次回以降も健康に

 

関する情報を

 

発信していきますので、

 

よろしくお願いします。

 

 

気になることがあれば

 

どんどんコメントしてねー( ^ω^ )

 

 

それでは、ばいばーい(@^^)/~~~

 

 

 

⇩YouTubeはこちら⇩

 

 


【便秘解消】お腹のハリやお腹痛いに良い!?漢方薬を選ぶ3つのコツ

 

 

 

 

⇩Twitter⇩

 

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ifcm/17/1/17_8/_pdf