汗かき💦薬剤師saitorioブログ

汗かき薬剤師による健康相談ブログです。

『新薬』原発性腋窩多汗症治療剤「ソフピロニウム」の特徴と作用機序

『新薬』原発性腋窩多汗症治療剤「ソフピロニウム」の特徴と作用機序

汗

多汗症

ぷよーー( ^ω^ )

汗かき薬剤師saitorioと申します。

 

www.saitorio.work

 

今回は、4521科研製薬より多汗症の希望になるか!?

原発性腋窩多汗症治療剤「BBI-4000」の製造販売承認申請について解説していきたいと思います。

 

一月の冬場は特にめっきりと気温が寒くなってきます。

しかし、私のような多汗症の人は気温の低さ関係なく、何らかの作用で汗がでてしまい、日常生活に支障がでることも。

 

そんな悩みを抱え込みながらも病院へ相談する行く人がとても少ない現状にあります。

 

過去の関連記事はこちらです

www.saitorio.work

www.saitorio.work

 

 

チャンネル登録( `・∀・´)ノヨロシク


【新薬】多汗症治療薬「ソフピロニウム」の特徴と作用機序

 

 

 

過去にも多汗症関連の記事を作成してますので、興味のある方は一読して頂けると知識が身につくはずです。

 

それでは・・レッツゴー( ゚Д゚)!!!

 

ポイント

◆多汗症治療薬の新薬候補が登場

◆剤型は塗り薬で1日1回塗るだけ

◆飲み薬ではないのでリスクの観点からみてベネフィットが高そう。

 

 

ソフピロニウム臭化物

多汗症の新たなる治療薬の誕生か?!

2020 年 1 月 10 日科研製薬株式会社は、厚生労働省に原発性腋窩多汗症治療剤ソフピロニウム臭化物の製造販売承認申請したとの情報があります。

 

ここで原発性腋窩多汗症とは何ぞやというと温熱や精神的な負荷、またそれらによらず手のひらや足の裏やわきの下などに、日常生活や仕事に支障をきたすほどの大量の発汗を生じる状態を原発性(特発性)局所多汗症という。

 

特にわきの下(腋窩)に生じる場合原発性腋窩多汗症といいます。

実はこの情報は株のニュースを見てた時に知ったんですよね(笑)

 

本業の薬剤師とは関係のないところが皮肉です・・・(*ノωノ)

 

更に調べていくと介入試験を実施しており原発性腋窩多汗症患者にソフピロニウムを塗布し、有効性と安全性を検討する。とありました。

 

つまり、この新薬候補は塗り薬で1日1回塗布の使用法だったってことです。

 

この薬の何が画期的かというと外用剤つまり塗り薬なんですよ。

従来の薬物治療は、一般的には飲み薬が使われます。

 

飲み薬だと治療効果を判定する際にリスクとベネフィットを考える必要があります。

 

しかし汗止まったけど、口の渇きや眠気が気になるなーとかあって汗以外の部分で気になることが出ると予想されます。

 

私自身も汗のことで不快な思いをしたことがあり悩みの種ですが、現状で使用されている薬を服用しようとは思いません。

 

だからこそ今回の新薬は、全身に対する副作用が少ない分画期的かも知れないということです。

 

あるとしたら、塗った場所がかぶれたり痒み、湿疹が出ることはあると思いますが基本的には使い続けると症状が軽減される場合が多いですね。

 

❑Point

新薬のソフピロニウムは1日1回の塗布で全身への副作用が少ない

www.saitorio.work

 

どんな薬か?

では、ソフピロニウム臭化物はどんな薬なんでしょうか?

f:id:saitorio:20200612224130p:plain

汗腺受容体

分類としては神経伝達物質であるアセチルコリンの作用を阻止する

抗コリン剤に分類されます。

 

発汗するのは、このアセチルコリンがムスカリン受容体(M-R)っていう受け皿と結合することにより汗腺から発汗を誘発すると考えられてます。

 

ソフピロニウムが(M-R)と結合することでアセチルコリンと(M-R)の結合を阻害し、発汗を抑制する作用があります。

 

塗り薬でも効果が期待できるのは汗腺が分布する皮膚中で活性があるためです。

 

体内に吸収後は速やかに代謝されることで、全身性の副作用の懸念が小さい薬剤となることが期待されます。

 

個人的に気になるのは、どこでも体であれば使えるかです。

人によって汗をかく部位が異なりますよね?

 

試験では、腋や手に使ってるのを見ると私みたいな頭部からの

発汗に対しては難しそうですね。

 

化合物からみると、恐らく汗を止める効果が期待できるものの

顏や頭皮の生え際とか使うとかぶれたりするのかな?

 

剤型的にローションタイプであれば物理的な障害がなく使えそう。

時間があれば、経験として治験に参加したかったです(笑)

 

❑Point

新薬のソフピロニウムは抗コリン薬の外用剤。アセチルコリンを邪魔することで制汗作用がある。

www.saitorio.work

www.saitorio.work

 

まとめ

☑多汗症治療薬の新薬候補が登場

☑剤型は塗り薬で1日1回塗るだけ

☑飲み薬ではないのでリスクの観点からみてベネフィットが高そう

☑ソフピロニウムは抗コリン薬の外用剤アセチルコリンを邪魔することで制汗作用がある。

 

でした(*'▽')

この新薬で少しでも治療の選択肢が増えて悩みから解放されることを心から願います。

 

もしよろしければ、この内容が良かったと思われたら多くの人に知って頂きたい内容なのでSNS等で拡散して頂けると嬉しいです。

 

次回以降も健康に関する情報を発信していきますので、よろしくお願いします。

 

気になることがあればどんどんコメントしてねー( ^ω^ )

それでは、ばいばーい(@^^)/~~~

 

 

⇩YouTubeはこちら⇩


【作用機序】水虫の薬~どうやって効くん?~第2回

 

⇩Twitter⇩

 

 ⇩note⇩

note.com

 

⇩参考文献⇩

臨床試験情報詳細画面 | 一般財団法人日本医薬情報センター 臨床試験情報

http://211.6.211.226/tdnet/data/20200110/140120200110445857.pdf

2015年04月01日 | 2015年 | ニュースリリース | 科研製薬株式会社

https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/106/8/106_1571/_pdf