汗かき💦薬剤師saitorioブログ

汗かき薬剤師による健康相談ブログです。

【非歯原性歯痛】口の中が痛いけど何もない時は,口腔顔面痛専門医のいる病院へ受診せよ。

【非歯原性歯痛】口の中が痛いけど何もない時は,口腔顔面痛専門医のいる病院へ受診せよ。

 f:id:saitorio:20200113103117j:plain

 

ぷよーー( ^ω^ )

汗かき薬剤師saitorioと申します。


www.saitorio.work

 

今回は、なんか口に痛みがあるなー

って感じられる人に見て頂きたい

内容になっております。

 

この記事で得られることは

☑口の中の痛みについて知れる

☑虫歯の効果的な対策方法

☑受診するなら口腔顔面痛専門医のところ

 

口の中の痛みと言えば

代表例として「虫歯」が思いつく

 

ところですが、実は

口の中に原因があるとは

限らないことも多々あるそうです。

 

虫歯なのに痛み止めでごまかす人は

後々後悔することになるので

 

早いうちに決断して

腹をくくる方がいいですよ(^^♪

 

過去の記事はこちら 

www.saitorio.work

 

www.saitorio.work

 

 

チャンネル登録( `・∀・´)ノヨロシク


【果物】果糖って血糖値に影響ないから健康に良いの?果糖ぶどう糖液糖とは?

 

 

 さて、あなたの原因不明の

痛みの正体は何なのか?

 

この記事で判明すると良いですね!!

 

それでは・・レッツゴー( ゚Д゚)!!!

 

要点

◆口の中の痛みには

・歯原性歯痛

・非歯原性歯痛の2種類がある。

 

◆虫歯の原因は「炭水化物」

 

◆非歯原性歯痛の場合は歯科、とくに口腔顔面痛専門医への受診をおススメするので、口の中の痛みは歯科医院に行くといい 

 

 

気になる口の痛み

口の痛みには

・歯原性歯痛

・非歯原性歯痛などがある。

 
前者は歯を原因とする歯痛であり

従来の歯科治療によって対応可能で

これまで問題視されることはなかった。

後者は歯を原因としない歯痛であり

従来の歯科治療は奏効し難く

対応に苦慮することが多い。

 

❑Point

口の中の痛みは、歯原性歯痛と非歯原性歯痛の2つに分類される。

www.saitorio.work

 

歯原性歯痛とは

歯原性歯痛の

代表的な疾患の紹介

 

◆う蝕:ムシ歯

エナメル質または象牙質への細菌感染を原因とする。

 

◆象牙質知覚過敏症

☑歯根象牙質の露出を原因とする。

☑歯周炎を合併することがある。

 

◆歯髄炎

う蝕が歯髄(いわゆる神経)に及ぶ病態である。

 

歯の破折が原因することもある。

 

う蝕に関しては砂糖摂取と

う蝕発生との関連が報告されている。

 

❑Point

歯原性歯痛は、虫歯や象牙質知覚過敏症、歯髄炎などが挙げられる。

www.saitorio.work

  

う蝕:ムシ歯予防

う蝕予防で大切なことは


☑砂糖の摂取量の制限、

摂取頻度の減少

 

☑キシリトールなどの

代用甘味料の使用等

 

☑フッ化物の使用

酸に溶解しにくい

強くて丈夫な歯にするために

 

フッ化物を適切に

応用することが重要である。 

 

これまでわが国の

フッ化物配合歯磨剤の

 

フッ化物濃度の上限は

1000ppmであったが

 

2017年から諸外国と

同様に1500ppmに

引き上げられるようになった。

 

この3つの対策が推奨されている。

 

小さい頃から、甘いジュースを

飲ませる習慣がついてしまうと

 

大人になってからも

飲み続けてしまう。

 

虫歯の原因は

食べ物ではなくて

 

食べ物に含まれる

炭水化物などの糖質や糖類です。

 

❑Point

虫歯予防で効果的なのは、砂糖などの糖類の制限です。

www.saitorio.work

 

非歯原性歯痛とは

非歯原性歯痛は

歯を原因としない歯痛です。

 
◆筋・筋膜性歯痛

咀嚼筋に関連する歯痛であり筋疲労が原因とされる。

 

トリガーポイントを

圧迫することによって

 

筋痛が生じるとともに

歯痛も再現される。

歯科(とくに口腔顔面痛専門医)

受診が推奨される。

 

❑Point

非非歯原性歯痛であれば、口腔顔面痛専門医が在籍するクリニックに受診する方が良い。

www.saitorio.work

 

まとめ

☑口の中の痛みは、歯原性歯痛と

非歯原性歯痛の2つに分類される。

 

☑歯原性歯痛は、

虫歯や象牙質知覚過敏症

歯髄炎などが挙げられる。

 

☑虫歯予防で効果的なのは、

砂糖などの糖類の制限。

 

☑非非歯原性歯痛であれば、

口腔顔面痛専門医が在籍する

クリニックに受診する方が良い。

 

 

でした(*'▽')

 

もしよろしければ、

この内容が良かったと

思われたら

 

多くの人に知って

頂きたい内容なので

 

SNS等で拡散して

頂けると嬉しいです。

 

次回以降も健康に

関する情報を

 

発信していきますので、

よろしくお願いします。

 

 

気になることがあれば

どんどんコメントしてねー( ^ω^ )

 

 

それでは、ばいばーい(@^^)/~~~

 

 

⇩YouTubeはこちら⇩


【終末糖化産物】体のサビ、食品に含まれる糖質が原因で老化するAGEsとは?【第4回】

 

 

⇩Twitter⇩

 

⇩note⇩

note.com

 

⇩参考文献⇩

専門医、認定医のいる施設 | 一般社団法人 日本口腔顔面痛学会

指導医・専門医・認定医名簿 | 一般社団法人 日本口腔顔面痛学会