汗かき💦薬剤師saitorioブログ

汗かき薬剤師による健康相談ブログです。

【予想どおりに不合理】行動経済学から学ぶ,聖夜(性夜)の安全な過ごし方。性感染症防止対策

【予想どおりに不合理】行動経済学から学ぶ,聖夜(性夜)の安全な過ごし方。性感染症防止対策

 

f:id:saitorio:20191224081649j:plain

 

ぷよーー( ^ω^ )

 

汗かき薬剤師saitorioと申します。

 

 

www.saitorio.work

 

 

今回は、記事制作時期が

12/24クリスマスイブということで

 

これから起こるであろう予測を基に

事象と対策、予後について解説します。

 

その気になる今回のテーマは

「聖夜(性夜)」に纏わることです。

 

クリスマスというのは特別な日なため

大きいお友達の中にはハメを外して

開放的になる人がおられるでしょうか?

 

 

 

過去の記事はこちら

www.saitorio.work

www.saitorio.work

 

 

 

チャンネル登録( `・∀・´)ノヨロシク


【刺激性便秘薬】下剤ダイエットで毎日薬を飲んでる人に見て欲しい、注意したい副作用【結腸無力症】

 

 

 

 

なので、行動経済学から

自分の行動をある程度予測が

 

可能なため、一時的は感情を

抑え込むことであなたが

 

後悔しないように

この記事をお役立て下さい(*'▽')

 

 

それでは・・レッツゴー( ゚Д゚)!!!

 

 

要約

✅人は意外と合理的に考えない。

 しかもパターンがある

 

✅性的興奮状態にある時は

 よりリスクが高い性行為が

 したいと考える

 

✅コンドームだけは絶対しろ!!

 

 

 

 

性夜

 

性夜って聞いたことありますか?

 

聖夜ではないですよ(笑)

誤字でもないです( ゚Д゚)

 

 

性夜とは一般的には、クリスマスイブが

すなわち恋人と枕を交わす機会で

あるかのような風潮を揶揄する表現。

 

「聖夜」の読み方に引っ掛けたシャレ。

 

https://www.weblio.jp/content/%E6%80%A7%E5%A4%9C

 

 

僕個人としては

まだ、恋人となら良いですが

 

クリスマスだし、まあいいかって

感じで知らない人と性行為に及ぶのは

とっても危険なのでやめましょう。

 

って頭で理解してても性感染症対策は

無理なんでちょっとでも具体的な

話をしていきますね。

 

 

www.saitorio.work

 

 

予想どおりに不合理

 

ダン・アリエリー著の

予想どおりに不合理って本がある。

 

この本には、

「人は意外と合理的に考えない。

しかもパターンがある。」とあります。

 

行動経済学を学ぶことで

自分の行動をある程度予測して

 

後悔のない選択が出来るようになります。

 

本書は行動経済学の

全体像を身近な例で分かりやすく

紹介されています。

 

その1例の紹介です。

 

 

【興奮状態で自分が

どうなるか、人は分からない。】

 

著者のアリエリーは、

とある実験をしました。

 

男子学生を対象に

醒めた状態と性的興奮状態で

 

判断がどう変化するのかを調査しました。

 

結果的に言うと

品行方正な学生にも関わらず

 

性的興奮状態にある時は

よりリスクが高い性行為がしたいと

 

考える比率が

格段に増えたというものでした。

 

ここから言えることは、

人は別の感情の状態にある自分を

想像できないということを

 

肝に銘じないといけないということです。

 

ただ単に「これをしてはいけない」と

禁止するだけでは不十分であり

 

「興奮した人間は別の行動をする」

という前提で仕組みを考えることが

 

必要になります。

 

今までのあなたの経験則に基づいて

自分はこうするから気をつけよって

 

あらかじめ認識してるだけでも

後に後悔する確率がぐっと下がります。

 

では、次はリスクのある性行為に

訪れる後悔について解説します。

 

 

www.saitorio.work

 

 

性行為のリスク

 

性行為にはリスクがつきものです。

特に、クリスマスなどの特別な日では

尚更ですね。

 

この日だけならいいかって根拠のない楽観視

性的興奮下では、人はリスクの高い性行為を

する傾向にあるとお伝えしました。

 

では、結果どうなるかは

よくご存知のように

 

望まない妊娠や性感染症に罹るというもの

 

では、何故

頭ではこういったリスクがあるって

 

理解してるのに望まない妊娠や

性感染症に罹る人が減らないのでしょうか?

 

答えは明白で、

興奮状態で自分がどうなるか、

人は分からないからです。

 

あの時は良かったけど、

今考えると冷や汗がでるような

体験はありませんでしたか?

 

健康な今があるなら、

合理的な行動を心掛けましょう!

 

 

www.saitorio.work

 

 

性感染症対策

 

性感染症(性病)とは、例外はあるものの、一般的には性的接触によって人から人に感染する病気のことです。

 

性感染症の概要 - 16. 感染症 - MSDマニュアル家庭版

 

 

性行為にはリスクがつきものです。

 

そのリスクを下げるには、

一人一人の行動が関わってきます。

 

精神面では、

興奮状態で自分がどうなるか、

人は分からないと把握することであり

 

 

一般的な予防法として

・コンドームを常に正しく使用する

 

・セックスパートナーを頻繁に変えたり、

 売春婦と性交したり、

 他のセックスパートナーがいる相手と

 性交するなどの、安全でない性交を避ける

 

・性感染症の迅速な診断と治療

 

などが挙げられます。

 

自分だけでなく、相手の未来のためにも

行動に関しては慎重にしたいですね。

 

 

www.saitorio.work

 

 

まとめ

 

✅人は意外と合理的に考えない。

 しかもパターンがある

 

✅性的興奮状態にある時は

 よりリスクが高い性行為が

 したいと考える

 

✅コンドームだけは絶対しろ!!

 

 

でした(*'▽')7

 

 

もしよろしければ、

 

この内容が良かったと

思われたら

 

多くの人に知って

頂きたい内容なので

 

SNS等で拡散して

頂けると嬉しいです。

 

 

次回以降も健康に

 

関する情報を

 

発信していきますので、

 

よろしくお願いします。

 

 

気になることがあれば

 

どんどんコメントしてねー( ^ω^ )

 

 

それでは、ばいばーい(@^^)/~~~

 

 

 

⇩YouTubeはこちら⇩


【ARK: Survival Evolved】メガテリウムの簡単なテイム方法

 

 

 

⇩Twitter⇩

 

 

関連サイト

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/seikansenshou/index.html