汗かき💦薬剤師saitorioブログ

汗かき薬剤師による健康相談ブログです。

【いつから?】インフルエンザワクチンを打つ時期と効果持続期間【予防接種】

【いつから?】インフルエンザワクチンを打つ時期と効果持続期間【予防接種】

 

f:id:saitorio:20191103145145j:plain

 

 

ぷよーー( ^ω^ )

 

汗かき薬剤師saitorioと申します。

 

【心理学】仕事ができる人になりきるポジティブ・イリュージョン、成功したいなら試して欲しい - 汗かき薬剤師saitorioブログ

ポジティブ・イリュージョンを使いこなせ

2019/11/02 14:00

 

 

もう、だいぶ気温が

下がってきましたね・・

 

 

この時期、気になるのは

風邪やインフルエンザでは

ないでしょうか?

 

 

Twitterのタイムラインでは

ちらほらと「インフル~」って

ツイートが出始めてます。

 

 

皆さんの周りでは

どうでしょうか?

 

 

で、対策で考えられるのは

予防接種ですよね?

 

 

インフルエンザの予防接種

っていつからが良いのか

分かりませんよね?

 

 

なのでその疑問に

お答えしようかと思います。

 

 

チャンネル登録( `・∀・´)ノヨロシク


【生活習慣病】糖尿病やメタボリックシンドロームになる、日本人の3割がやってしまってる悪い生活習慣。対策法を伝授!

 

 

 

過去記事

www.saitorio.work

www.saitorio.work

 

 

それでは・・レッツゴー( ゚Д゚)!!!

 

 

 

インフルエンザウイルス概要

 

 

基礎的な解説は前回の

記事参照してください

 

www.saitorio.work

 

 

インフルエンザウイルスの構造

 

インフルエンザに関連する

用語の説明です。

 

 

ヘマグルチニン(HA):

表面抗原として標的細胞への

接着に必要

 



ノイラミニダーゼ(NA):

増殖したウイルスが細胞から

遊離するときに必要

 



M2蛋白質:

プロトン選択的なイオンチャネル

蛋白質で,ウイルスが細胞に

侵入する過程に必要な蛋白質

 

f:id:saitorio:20191104121243j:plain

 

インフルエンザワクチン

 

で、本題ですが、

インフルにならないためには

 

先ず、インフルエンザの

予防接種が考えられます。

 

 

ワクチンはヘマグルチニン(HA)の

作用を抑制するHA抗体を

人工的に作るもので、

予防の基本となる。

 


ワクチンの効果は一般的に

接種後2~3週間で現れて

約6カ月間持続します。

 

 

なので、

1月下旬から2月の流行ピークに

合わせて12月初旬までに

接種することが望ましい。

 

 

f:id:saitorio:20191025144208j:plain

 

インフルエンザの副反応


感染予防で予防接種が良い

ってのは分かるけど、

副作用が気になるところですね。

 

 

もちろん、副作用ってのは

存在しますが、どんなことが

起きるか知ってると安心ですね。

 


局所反応:

発赤,腫脹,疼痛など



全身性の反応:

発熱,頭痛,倦怠感など

 


予防接種で起こる副作用は

軽度である場合が多く,

 

日常生活に影響がみられる

程度のものでも通常2 ~3日で

 

消失し,特別に処置をする

必要はありません。

 

 

しかし、もちろん重篤な

ものもあります。

 

 

アナフィラキシー



他のワクチンと同様,

急性のアレルギー反応である

アナフィラキシーショック

 

あるいは全身の皮膚の変化や

蕁麻疹,呼吸困難などが

起こることがあります。

 


ですが、症状は15分以内に

出現することが多いため,

 

30分程度接種者は病院の中に

いるようにしておくことが

推奨されています。

 

 

万一、起きても対応して

頂けるので大丈夫です。

 

 

ちなみに捕捉ですが、

予防接種で起こる不利益、

 

局所反応(発赤など)の事を

「副作用」と説明してますが、

 

 

正しくは、「副反応」と

表した方が正確なので一応

記載させて頂きました。

 

 

「副反応」って一般の人からは

馴染みないからあえて

分かりやすい方で解説してます。

 

きょうみないですよねー(笑)

 

f:id:saitorio:20191104132024j:plain

 

毎年接種する理由

 

毎年、予防接種めんどいぜよー

 

 

そうですよねー。

 

でも、ちゃんと理由があるのです。

 

 

インフルエンザワクチンを

毎年接種する理由は、

 

ワクチンで誘導される抗体が

「株特異的」であるからです。

 



その年の流行株にマッチした

抗体を賦活化する必要があるため、

 

誘導された抗体の持続性が

生ワクチン(風疹ワクチン)に

 

比べて優れてないのが理由に

該当します。

 

 

なんか、その辺を改善できる

ワクチンの開発されている

ようですが現状まだのようです。

 

f:id:saitorio:20191025190947j:plain

 

+αで感染予防

 

インフルエンザを予防する為には

+αとして、感染経路の遮断だ

挙げられます。

 

 

一番の大きなところでは、

ヒト⇨ヒト間の空気感染です。

 

 

空気感染を助長する条件は

 

✅乾燥

 

✅温度が低い

 

✅締め切った部屋

 

 

で、飛沫した小粒子の水分が

蒸発し5/1000ミリ以下の微粒子

(飛沫核)となり発生します。



この状態になると

微粒子用マスクが必要となり

感染防止は困難です。

 

 

感染拡大に繋がるため、
室内は密閉せずに換気して、

温度20℃以上と湿度40%以上を

保つことが必要です。

 

f:id:saitorio:20191104134457j:plain

 

まとめ

 

インフルエンザの感染は

日に日に拡大してます。

 

 

なので、一人ひとりが

個人でインフルエンザの予防に

積極的にならないといけません。

 

 

そこで、推奨されているのが、

インフルエンザの予防接種でした。

 

 

いつ頃にすればよいのか

それは、

 

1月下旬から2月の流行ピークに

合わせて12月初旬までに

接種することです。

 

 

でした( ^ω^ )

 

 

次回も健康に関する情報を

 

発信していきますので、

 

よろしくお願いします。

 

 

気になることがあれば

どんどんコメントしてねー( ^ω^ )

 

 

それでは、ばいばーい(@^^)/~~~

 

⇩YouTubeはこちら⇩


【影廊】手汗と鳥肌がヤバい、和風ホラー -Shadow Corridor-:深淵編1

 

ゲーム配信を

定期的に行ってます。

 

是非、遊びに

来てくださいね(*'▽')

 

 

⇩Twitter⇩

 

 

www.mhlw.go.jp

 

www.mhlw.go.jp

 

www.know-vpd.jp