汗かき💦薬剤師saitorioブログ

汗かき薬剤師による健康相談ブログです。

【認知症】身内がそうなる前に知っておきたい対応や身構え、高齢者に多い認知障害【せん妄】

【認知症】身内がそうなる前に知っておきたい対応や身構え、高齢者に多い認知障害【せん妄】

 

f:id:saitorio:20191021164139j:plain

 

 

ぷよーー( ^ω^ )

 

汗かき薬剤師saitorioと申します。

 

www.saitorio.work

 

 

ニュースなどで取り上げられてる

 

「超高齢化社会」

 

もうこれって目の前にあって

 

もはや、避けられない問題です。

 

 

なので、根本的な問題解決に

 

関しては、国のお偉いさんに委ねて

 

私たちが出来ることについて

 

考えていきたいと思います。

 

 

高齢化で気になるのは、

 

おそらく「親の介護」でしょうか?

 

 

 

介護の大変さは、凄まじいもの

 

だと思います。

 

 

なので、人が介護になる要因の

 

1つである「認知症」について

 

解説したいと思います。

 

 

チャンネル登録( `・∀・´)ノヨロシク

 

風邪が流行る

季節になりました。

 

抗菌薬が原因で耐性化した

細菌が問題になってる件 ↓


【薬剤耐性菌】風邪の時の抗菌薬で薬が効かなくなる?

 

 

 

それでは・・レッツゴー( ゚Д゚)!!!

 

 

 

過去の記事はこちら

www.saitorio.work

www.saitorio.work

 

 

 

認知症とは

 

 

簡単に言うと「忘れる」や

 

「理解力の低下」が主な症状です。

 

 

僕らが経験する「物忘れ」や

 

「覚えてられない」とは気質が

 

異なります。

 

 

なぜなら、認知症が進行すると、

 

社会生活ならびに日常生活までも

 

自分一人では支障が出てくるからです。

 

 

だからこそ、介護が必要になる

 

ということです。

 

 

余談ですが、認知症治療薬は

 

認知症の「改善」ではなくて、

 

「進行」を遅らせる作用を

 

期待してます。

 

 

また、その治療薬でまれに

 

感情が攻撃的になることがあります。

 

 

その時は、薬の効果が

 

強く作用してる可能性がある為、

 

担当医に相談することを勧めます。

 

f:id:saitorio:20191021185510j:plain

 

 

患者数

 

どれくらいの認知症患者数なのか?

 

 

65~69歳での有病率は1.5%ですが、以後5歳ごと倍に増加し、85歳では27%に達します。現時点で、我が国の65歳以上の高齢者における有病率は8~10%程度と推定されています。

 

現時点(2010年)では200万人程度といわれてきましたが、専門家の間では、すでに65歳以上人口の10%(242万人程度)に達しているという意見もあります。今後、高齢者人口の急増とともに認知症患者数も増加し、2020年には325万人まで増加するとされます

 

www.mhlw.go.jp

 

 

2020年には325万人

 

2010年からの10年で

 

約100万人の増加です。

 

 

凄いですね。

 

 

今後更に、増加すると思います。

 

 

なので、僕らはこれまで以上に

 

ご高齢の方を支援する場面が

 

増えると予想できる。

 

 

だから、重要なのは

 

まずは、高齢者というのは

 

僕らとどういう違いがあるのか?

 

 

テーマである「認知症」の方は

 

どういった特徴があるのかを

 

知らずには生きていけなくなった

 

ということです。

 

 

すこしでも、理解者を多くして

 

高齢者にとって生活し易い

 

環境になることを心から

 

願います。

 

f:id:saitorio:20191022170428j:plain

 

 

認知症ってどんな人?

 

認知症の症状は大きく分けて

 

2つに分けられます。

 

・中核症状

・周辺症状(BPSD)

 

ここで大切なのは、

専門用語や分類を

細かく覚えることでは

ないですので、

気軽に聞いてください(*'▽')

 

 

1.中核症状

 

⇨認知症の方に多くみられる症状

 

 

【主な症状】

 

・物忘れ

 

・状況判断能力の低下

(私は誰?ここはどこ?)

 

・理解力低下

 

・判断力の低下

(今まで出来てた料理の

 工程を忘れてしまう)

 

・言葉が出にくくなる

 

・失行

(モノの扱い方を忘れる)

 



2.周辺症状(BPSD)

 

⇨中核症状が元になって

 二次的(連鎖的)に起こる症状。

 

 

性格や環境によって起こるので

個人差がある。

 

 

【主な症状】

 

✅行動症状


・物盗られ妄想

・徘徊

・暴力行為

 

介護する家族や周辺の人々の

身体的・精神的負担より起こる症状

 



✅心理症状

 

・自発性の低下

・意欲の減退

・無為

・拒食

・うつなど

 

 この周辺症状が現れると、

本人や介護者への負担が

大きくなります。

 

 

できるだけ、日常生活で

身体・精神にストレスを

与えない様に介護することも

大切になってきます。

 

 

f:id:saitorio:20191022175515j:plain

 

せん妄

 

ここもややこしいので補足的に

 

( ´_ゝ`)フーン

 

って聞いてもらえると良いです。

 

 

上記の中核症状や

周辺症状(BPSD)以外の症状。

 

 

それは、せん妄っていう症状です。

 


具体的には、

 

◆日内変動のある急性の意識障害


・認知機能障害

・精神運動障害

・睡眠覚醒障害を伴う



◆2つのタイプ

・活動減少型せん妄(意識混濁)

・活動過剰型せん妄(意識変容と意識狭窄)

 

 

◆発症原因

・高齢

・認知症

・身体的ストレス

・心理社会的ストレス

・睡眠障害

 

せん妄の症状から見てとれるように、

 

当人との対応や接し方が

 

難しいことが分かるでしょうか?

 

 

では、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

f:id:saitorio:20191023185633j:plain

 

対応で気を付けること

 

では、どのように

 

対応するのが良いのだろうか?

 

この記事の目的にもなります。

 

 

それは、理解することです。

 


認知症の方と実際にお話しする

 

期待がなくても、事前に

 

認知症のことを理解していると

 

僕らも当人も困惑することが

 

少なくなると思います。

 

 

具体的に見て行きましょう!

 


✅病態を理解し、上手な対応



・妄想に関しては否定せずに共感する


・物盗られ妄想や嫉妬妄想などの

 否定すべき妄想はソフトな口調で

 患者の言動を修正する。


・幻視に対しては不安を軽減する

 ために幻視を否定する。

 

・~した方が良いなど曖昧な表現は

 避けて、明確に助言する。

 

です。

 

ここまで見てくださった、

 

あなたなら大丈夫なはずです。

 

 

先ずは、理解すること。

 

 

ストレスや不安を感じさせない

 

対応が求められるのが分かった

 

でしょうか?

 

 

f:id:saitorio:20190723072254j:plain

 

 

まとめ

 

 ☑認知症とは「忘れる」や

 「理解力の低下」が主な症状

 

☑主な症状は物忘れ、

 状況判断能力の低下、理解力低下

 判断力の低下、言葉が出にくくなる

 失行など

 

☑一番大事なのは理解すること

 

 

でした(*'▽')

 

 

周りの人の理解や知見が

広がって高齢者にとって

住みやすい社会になれば

良いですね。

 

 

もしよろしければ、

 

この内容が良かったと思われたら

多くの人に知って頂きたい内容なので

SNS等で拡散して頂けると嬉しいです。

 

 

次回以降も健康に

 

関する情報を

 

発信していきますので、

 

よろしくお願いします。

 

 

気になることがあれば

 

どんどんコメントしてねー( ^ω^ )

 

 

それでは、ばいばーい(@^^)/~~~

 

⇩YouTubeはこちら⇩

https://www.youtube.com/channel/UC7YblIlzCdk7Bi-2a0evSzA/

 

⇩Twitter⇩

 

sodan.e-65.net

kaigo.homes.co.jp

www.mhlw.go.jp

ja.wikipedia.org

https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0521-3c_0006.pdf