汗かき💦薬剤師saitorioブログ

汗かき薬剤師による健康相談ブログです。

【薬物乱用防止】若者たちが、せき止めに多幸感を求めてしまう社会

【薬物乱用防止】若者たちが、せき止めに多幸感を求めてしまう社会

 

f:id:saitorio:20190919111024p:plain

 

ぷよーー( ^ω^ )

汗かき薬剤師saitorioと申します。

 

www.saitorio.work

 

せき止め薬の乱用が10代で急増

背景に多幸感得られるとの

ネット情報か

https://news.livedoor.com/article/detail/17087616/

 

という、ネット記事が先日

咳止めの適正使用について

 

記載されてました件をうけて

僕が思うところと薬物乱用防止の

観点から解説したいと思います。

 

参考になれば幸いです^^

 

チャンネル登録( `・∀・´)ノヨロシク

youtu.be

 

過去の関連記事はこちらです

www.saitorio.work

 

YouTubeでは8:2くらいで

ゲームが多いです。

 

息抜きついでに

遊びに来てくださいね(´ρ`)

 

最近、ライブ配信を始めました(笑)

 


【影廊】練習❷:手汗と鳥肌がヤバい、和風ホラー -Shadow Corridor-

 

それでは・・レッツゴー( ゚Д゚)!!!

 

 

ネット記事の内容

市販のせき止め薬や風邪薬などの乱用が、10代の間で急増しているという2018年に薬物依存などで治療を受けた10代患者の4割以上が乱用していたそう。多幸感が得られるといったネット情報が出ていることが背景にあるとみられる

 

市販薬で販売されている

咳止めや風邪薬を

 

本来の目的の使用ではなく、

「多幸感」を得るために

使っているって内容でした。

 

こういった方々は一回に

多量に使うことで

 

多幸感を得ようとしてるので、

適正使用の範囲内であれば

「危ない」ことはないです。

 

❑Point

市販の風邪薬を大量に服用して、薬物依存などで治療を受けた10代患者の4割以上いる。

www.saitorio.work

 

f:id:saitorio:20191014214310j:plain

 

咳止めの不正使用は前からあった?!

この問題は、実は以前から

あったことです。

 

僕が薬学生のときには、

カリキュラムの一環で

病院や薬局で長期実習があります。

 

その時にドラッグストアで

実習の時に、担当の先生から

 

「たまに咳止めとか風邪薬を

大量に買っていく人がいる」って

聞いたことがありました。

 

その場面に出合ったらどうするのか

質問したところ、

丁寧に聞き取りをして

 

正当な理由なら販売するけど、

ちょっとおかしいなって

感じたら必要以上は

 

販売しないとかの対応を

実際されてたそうです。

 

なぜなら、本来は風邪薬は

大量に必要になることが

考えづらいからです。

 

風邪の症状自体は短期間で

治まるものであるため、

 

長期間に必要になるのかは

考えられにくいし、

 

別の用途で使いたいという

誤った認識かも知れないから

ということでした。

 

因みに私が勤務しているのは、

処方箋をメインで扱う

 

調剤薬局なのでもともと風邪薬を

お買い求めになる人が

少ないのもあって、

 

まだ風邪薬を大量に買われる人に

出会ったことはないです。

 

❑Point

ネット記事で取り上げられる以前から、風邪薬の不適切使用者は存在していた。

www.saitorio.work

 

f:id:saitorio:20191008174304j:plain

 

多幸感

今回、テーマとしてる「多幸感」

って聞いたことはあるでしょうか?



多幸感とは、ぼーとする感じで

快楽に似た感情の事を指します。

 

別の表現だと、

ランナーズハイのような

ニュアンスだと思います。

 

この、ぼーとする感覚が

クセになって継続するうちに

 

薬物依存になっているケースが

10代の若者で

多発している状況です。

 

多幸感を起こす物質例は、

オピオイド(麻薬性鎮痛薬)では

モルヒネ、ヘロイン、コデイン、

大麻などを含む鎮痛麻薬に多い。

 

今回の例だと、良く風邪薬に

入っているのは咳止めとして、

 

ジヒドロコデインリン酸塩や

メチルエフェドリン塩酸塩が

該当します。

 

❑Point

多幸感とは、ランナーズハイに似た頭がぼーとする感じで快楽に似た感情のことです。これによって疑似的に幸せを得ようとしている。

www.saitorio.work

 

f:id:saitorio:20191008113123j:plain

 

風邪薬は危ない?

こういった記事が出ると

やっぱり薬って怖いとか

 

言われるけど、

実際はそうではないです。

 

なので、大事なのは薬の

成分がどうこうではなく、

 

適正に使用する範囲内で

あれば咳が治まるし、

楽になるはずです。

 

風邪薬事体に

問題がある訳でなくて、

他にあるところに注目したい。

 

今回の記事で分かったことは、

人の健康に悪影響を及ぼす

 

ネット情報について

これからはその発信者に

責任が問われることになる。

 

また、今の社会の10代の子たちが

「死にたい」など思い、

 

生きづらいと感じてることに

問題の背景があると思います。

 

❑Point

風邪薬を適正の範囲内であれば、依存等の副作用が起こることは少ない。
問題なのは誤った情報を発信することと、生きづらいと思われている社会かも知れません。

www.saitorio.work

 

f:id:saitorio:20190929121451j:plain

 

買うときに注意すること

でも、やっぱり咳出てるけど

薬使いたくないって場合は、

 

ジヒドロコデインリン酸塩や

メチルエフェドリン塩酸塩が

 

入ってない風邪薬を

選ぶと良いでしょう。

 

あと、商品によっては

12歳未満や15歳未満の方で買えない

 

薬もあるので店頭のスタッフに

相談すると良いでしょう。

 

私が一番やって欲しくないのは、

あなたが咳を我慢して

苦しい思いをすることですよ。

 

f:id:saitorio:20191026163250j:plain

 

まとめ

✅市販の風邪薬を大量に服用して、

薬物依存などで治療を受けた

10代患者の4割以上いる。

 

✅ネット記事で取り上げられる

以前から、風邪薬の

不適切使用者は存在していた。

 

✅多幸感とは、ランナーズハイに

似た頭がぼーとする感じで

快楽に似た感情のことです。

これによって疑似的に幸せを

得ようとしている。

 

✅風邪薬を適正の範囲内であれば、

依存等の副作用が起こることは少ない。

✅問題なのは誤った情報を

発信することと、生きづらいと

思われている社会かも知れません。

 

でした(*'▽')

 

最後まで見て頂き

ありがとうございます。

 

もしよろしければ、

この内容が良かったと

思われたら

 

多くの人に知って

頂きたい内容なので

 

SNS等で拡散して

頂けると嬉しいです。

 

次回以降も健康に

関する情報を

 

発信していきますので、

よろしくお願いします。

 

気になることがあれば

どんどんコメントしてねー( ^ω^ )

 

それでは、ばいばーい(@^^)/~~~

 

⇩YouTubeはこちら⇩


【ダイエット】体幹トレーニングするなら一緒に飲んで欲しい『ケルセチン』

 

⇩Twitter⇩

 

⇩note⇩

note.com

 

⇩参考文献⇩

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E5%B9%B8%E6%84%9F

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/info/info00629.html

http://www.dapc.or.jp/

 

 

⇩YouTubeはこちら⇩

 


【薬物乱用防止】幸せ不足な若者たちが、咳止めに多幸感を求めてしまう社会