汗かき薬剤師saitorioブログ

汗かき薬剤師による健康相談ブログです。

【解説】寝不足で糖尿病!?~睡眠時間と血糖値の関係性~【不眠】

 
【解説】寝不足で糖尿病!?~睡眠時間と血糖値の関係性~【不眠】

 

f:id:saitorio:20190730164730p:plain

 

 

ぷよーー( ^ω^ )

 

汗かき薬剤師saitorioと申します。

 

 

前回に引き続き今回は、糖尿病、血糖値関連について

 

解説してみました。

 

 

睡眠や寝不足は血糖値と関連してるの知ってましたか?

 

意外と知られてない内容かと思います。

 

 

ちょっと夜に作業を頑張ったり、夜更かししてる人は

 

要注意ってことで、それでは・・早速・・・レッツゴー( ゚Д゚)!!!

 

 

YouTubeでも解説してます!!動画の方が良い方はこちら↓↓


【解説】不眠で糖尿病!?~睡眠時間と血糖の関係性~【寝不足】

 

 

 

 

f:id:saitorio:20190730183030p:plain

 

 

1.要点

 

 

先ずは、要点から( ^ω^ )

 

・疫学研究や臨床研究で睡眠と糖尿病には関連があると報告

・食欲増大傾向にある

・糖尿病発症リスクが上昇する

 

 

です。では、詳しく見ていきましょう^^

 

 

f:id:saitorio:20190730193607p:plain

 

 

2.睡眠時間の研究

 

 

長年の疫学研究や臨床研究では、

 

睡眠不足や不眠などの睡眠障害が

 

2型糖尿病の発症リスクを高めるという報告があります。

 

 

睡眠と血糖値って一見、関係なさそうなことですよね?

 

なぜだか、わかりますか?

 

もしかすると、体験されてる方もいらっしゃるかもしれません(´ρ`)

 

 

f:id:saitorio:20190730194803p:plain

 

 

3.機序

 

 

寝不足や不眠などの睡眠障害ではどのような体の状態かというと

 

コルチゾールの分泌促進や交換神経の感受性が高まってる状態です。

 

 

簡単に言えば、ストレスが掛かった状態です(´ρ`)

 

 

この状態は耐糖能の低下、いわゆる糖を取り込むインスリンの働きが

 

上手く機能してないことを意味しており、血糖値の下がりが良くないです

 

 

また、食欲制御ホルモン分泌量変化による食欲増大します。

 

 

これは、経験があることではないでしょうか?

 

 

試験勉強やバイトで睡眠時間を削った結果、無性に食欲がわく

 

あの現象です。

 

 

で、なんか知らんけど太るって結果になるんですよね( ゚Д゚)

 

 

f:id:saitorio:20190730232154p:plain

 

 

 4.実験

 

 

これは、睡眠不足が血糖値に影響を及ぼすかの実験結果です。

 

 

調査対象は、睡眠不足モデルの短期睡眠群の睡眠時間は0.6~3.4時間

 

健常人モデルの対照群は3.5から8.5時間で比較した結果

 

短期睡眠群では対照群に比べ、翌日に同じ食事内容でも

 

食後の血糖値が上がり易いという結果がだされた。

 

 

これは、睡眠不足によって血糖値が下がりにくいってことになり

 

インスリン抵抗性の原因となる可能性が示唆された。

 

 

 

f:id:saitorio:20190730233138p:plain

 

 

5.結果

 

 

良好な血糖コントロールは得る為のポイントは2つ

 

・睡眠時間の確保

・睡眠の質の向上

 

であり、良質な睡眠は糖尿病の状態が改善するという結果でした。

 

 

 

f:id:saitorio:20190730233510p:plain

 

 

6.まとめ

 

 

まとめです。

 

・疫学研究や臨床研究で睡眠と糖尿病には関連があると報告

・食欲増大傾向にある

・糖尿病発症リスクが上昇する

 

 

以上です。いかがだったでしょうか?

 

作業はほどほどにして睡眠時間を確保するようにしましょうね( ^ω^ )

 

 

食後の血糖値の重要性は過去の記事で解説してますので

 

そちらも是非どうぞ(+o+)

 

 

www.saitorio.work

 

 

皆さんの健康の第一歩になれば幸いです。

 

 

それでは、ばいばーい(@^^)/~~~

 

 

YouTubeもやってます!!

 

参考文献:大阪青山大学紀要 2011 4 巻 63-70 J. Osaka Aoyama

University, 2011. vol.4, 63-70