汗かき薬剤師saitorioブログ

汗かき薬剤師による健康相談ブログです。

【解説】水虫の薬、効果的な使い方

【解説】水虫の薬、効果的な使い方

f:id:saitorio:20190705143848p:plain

表紙

ぷよーー( ^ω^ )

汗かき薬剤師saitorioと申します。

 

今回は、前回に引き続き水虫について解説してみました。

意外と知られてない、軟膏の塗り方、タイミングなど解説してます。

 

今まで、水虫症状を繰り返したりされる方は恐らく適切に薬を

使えてない場合があり薬の効果を実感できてない可能性があります。

 

前回記事まだの方はこちらから↓↓

 

www.saitorio.work

 

 まずは使用法要点から^^

f:id:saitorio:20190705150218p:plain

要点

 

1、使用法要点

・風呂上り

・患部だけでなく全体に

・量は、人差し指の第一関節分

 

です。

 

詳しく見ていきましょう!!

 

2、水虫の悩み

f:id:saitorio:20190705150657p:plain

水虫の悩み

繰り返しになりますが、虫症状を繰り返す場合は

薬を適切使えてなく薬の効果を実感できない可能性があります。

 

今一度、ご自身の使い方を見直すきっかけになれば幸いです。

 

よくあること

・水虫の特性を知らない。

・よくなったら、自己判断で使用中止する。

・使用量がすくない。など見られます。

 

3、使用前

f:id:saitorio:20190705151321p:plain

薬を使う前は必ず手や患部を洗い清潔にしましょう

 

なので、お風呂上りがおすすめです。

入浴後は患部をよく乾燥させてから使用して下さい。

 

→皮膚が柔らかくなり、お薬が浸透し易くなるからです。

 

4、範囲

f:id:saitorio:20190705151951p:plain

次に、塗る範囲です。

 

白癬菌は患部だけでなく足全体に潜むため、塗る範囲は

患部の足の指の間だけではなく、患部と足の裏全体に使いましょう。

 

ここ結構大事です☺

 

あと、塗る時のコツですが、数ヶ所に点々と薬を置き薄く延ばすと上手く

綺麗に塗ることが出来ます。

 

5、量

f:id:saitorio:20190705152942p:plain

1回量の目安は軟膏で人差し指の先から第一関節(1FTU)を少しはみ出すくらいの量か

ローションで1円玉大の大きさで使って下さい。

 

1FTUで両足の裏全体で、10g/本で1週間から10日間程度使えて、

床やシーツに薬が付くなら使い過ぎの目安です。

 

6、期間

f:id:saitorio:20190705153419p:plain

よくある間違いは、薬を使って1-2週間で症状が良くなってやめることです。

 

期間は概ね、2~3ヶ月塗り続けてください。

・白癬菌を殺すものではなく増殖抑制

・角質(皮膚)の生まれ変わりが28~56日程度

 

なので、使用開始直ぐに症状がよくなっても止めずに

使用を継続しないとぶり返すことになります。

 

因みに、爪水虫の場合は1年くらい使い続けないといけません。

 

7、まとめ

f:id:saitorio:20190705160058p:plain

 

まとめです。

 

・薬使うときは、患部だけでなく全体に使いましょう。

・使用量は、人差し指の第一関節分で片足が塗れます。

・使って1週間くらいで症状が良くなっても2-3ヶ月は使用継続して下さい。

 

以上です。何かご不明点などありましたら質問して下さいね( ^ω^ )

 

今回の解説は、YouTubeでも解説してますのでご気軽に遊びに来て下さい。


【解説】水虫の薬~どうやって効くん?~第2回