汗かき薬剤師saitorioブログ

汗かき薬剤師による健康相談ブログです。

【解説】間食で食べ物を選ぶ3つのポイント

【解説】間食で食べ物を選ぶ3つのポイント

ぷよーー( ^ω^ )

汗かき薬剤師saitorioと申します。

今回は私が実践している、間食で選ぶ食べ物について解説しました。

 

皆さんは間食に対してどのようなイメージがありますか?

間食というものは一般的には、「太る」などネガティブな印象ですが

私が考えるに、適切に間食することで健康になるというものです。

 

では、早速解説していきましょう^^

 

YouTubeでも解説してますのでお時間があれば遊びに来てください^^


【解説】間食で食べ物を選ぶ3つのポイント

 

【解説】間食で食べ物を選ぶ3つのポイント

結論

1.低糖質

2.高栄養

3.腹持ちが良い

f:id:saitorio:20190701042155p:plain

間食まとめ

では、詳しく解説していきます。

 

1.低糖質

 間食で糖質を多く含む食べ物を選んでしまうと、

血糖値の急上昇、急降下が食事以外で起こってしまいます。

 

血糖値の上下は体に不調をきたし、

イライラや眠気など精神症状の発生に繋がります。

 

昼食後に眠気が気になる方は、炭水化物を食べる量を抑えることで

効果が実感できるでしょう。

 

なので、間食はなるべく血糖値の上下が少ない「低糖質」のものを選びましょう。

f:id:saitorio:20190701043125p:plain

低糖質
2.高栄養

 間食の良い考え方は、1日3食の食事で不足しがちな

ビタミンやミネラルなどを補充できるってこと。

 

おかしや何かつまめるもので栄養補充できたら最高ですね☺

具体的な食べ物は後程。

 

f:id:saitorio:20190701043746p:plain

高栄養
3.腹持ちが良い

 咀嚼回数や食物繊維が多いものを選ぶようにしましょう。

 

仕事や学校では昼食後から夕食まで時間があくことが多いでしょう

 

この時にやってしまいがちなのが、空腹ゆえの過食、早食いです。

 

過食や早食いは、低糖質のことでもお話した通り血糖値の上下が起こります。

 

生活習慣病の糖尿病は急になる、ものではなくてこう言った生活習慣で

起こります。

 

なので、食事のドカ食いを防ぐ為にも空腹状態をさけるような

腹持ちが良い食べ物を選んでください。

f:id:saitorio:20190701044651p:plain

腹持ちが良い
間食でおススメする食べ物

・ナッツ

→ビタミンE、ミネラル、n-3系脂肪酸

 

・高カカオのチョコレート

→ポリフェノール

 

・チーズ

→良質なタンパク質

 

・あたりめ

→咀嚼回数が多い

 

・ヨーグルト

→カルシウム、ケーキとかから置き換えし易い

f:id:saitorio:20190701045155p:plain

間食のおすすめ
まとめ

一般的な間食のイメージは「太る」「食べ過ぎる」など

ネガティブな印象ですが、適切な間食は、空腹状態を避け食事の

「早食い」「ドカ食い」を防ぐだけでなく 不足しがちな栄養を補えるでした。

f:id:saitorio:20190701045538p:plain

まとめ