汗かき薬剤師saitorioブログ

汗かき薬剤師による健康相談ブログです。

抜け毛、脱毛の原因から見る科学根拠に基づいた5つの治療方法。

男性型脱毛症の原因は遺伝と

男性ホルモンが関与する!?

ぷよー。('ω')

汗かき薬剤師のSaitorioです。

今回は男にとって抗えない運命(さだめ)…抜け毛、

脱毛、はgについて治療ガイドラインを参考に調べて

きましたのでご参考ください。

男性型脱毛症の概論

 男性型脱毛症…脱毛は年を取ることによって起こる

生理的な現象で仕方ない事です。

しかし、見た目の印象を大きく変わり大部分の方は

気になるのではないでしょうか?

 最近では男性型脱毛症症の有効な外用、内服の治療薬

開発され、皮膚科診療においても積極的に

使用されるようになってきてます。

 しかし、ネット等で見かける発毛を謡う商品は

すべてではないけど、無効といえる科学的根拠に

基づかない商品が社会的に横行し、無効な治療法を

漫然と続ける方がいる現状があります。

 

 

脱毛の原因

 一般的に男性ホルモンが多いと骨・筋肉の発達を促し、

髭や胸毛などの毛を濃くする方向に働く。いわゆる性欲が

強いとか身体つきが男性的なるですね。しかし、

前頭部や頭頂部などの男性ホルモン感受性毛包においては

逆に軟毛化現象を引き起こすので頭皮には逆にホルモンが

働きかけるようです。これが厄介笑

治療推奨度の分類一覧

  • フィナステリドの内服は有用か? A
  • デュタステリドの内服は有用か? A
  • ミノキシジルの外用は有用か? A
  • 植毛術は有用か? 自毛植毛術は B
  • 人工毛植毛術は?D
  • LEDおよび低出力レーザー照射は有用か? B
  • アデノシンの外用は有用か? B
  • カルプロニウム塩化物の外用は有用か? C1
  • t-フラバノンの外用は有用か? C1
  • サイトプリンおよびペンタデカンの外用は有用か? C1
  • ケトコナゾールの外用は有用か? C1
  • かつらの着用は有用か? C1
  • ビマトプロストおよびラタノプロストの外用は有用か? C2
  • 成長因子導入および細胞移植療法は有用か? C2
  • ミノキシジルの内服は有用か? D
A.行うよう強く勧める B.行うよう勧める  C1.行ってもよい
C2.行わないほうがよい  D.行うべきではない
 
A→B→C1→C2→Dの順番に治療効果に科学的に
根拠があり、ガイドライン上で推奨されてる。
 
ご覧の通り、治療ガイドラインでやはり
フィナステリド、デュタステリドの内服と
ミノキシジルの外用が有効であることがわかる。
 
発毛のイメージは、フィナステリド、デュタステリドを
飲むことで男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)による
軟毛化現象を抑えて抜け毛予防に加えて、ミノキシジルを
頭皮に塗ることで発毛を促すことで育毛に繋がり
髪が増えていく過程が効率よく効果があると言えるだろう。
 
 発毛に関して簡単に言ってますが、少なくとも目に見える
実感まで時間が掛かる上、経済的負担と根気が必要です。
なのでまずは、お近くのAGA専門のクリニック、病院に
受診することをおススメします。
そこでは、今のご自身の頭皮の状態や薬の効果の
感受性について検査して頂けるからです。
 やみくもに自己流で、サプリや輸入代理店を利用して
医薬品の買って飲むとかはリスクがある行為はおすすめしません。
 
まああと大事なのは食生活の乱れを正したり、
毛乳頭細胞は字の通り‘‘細胞‘‘なので増えたり、
強くしないと期待した効果が得られない場合があるので
この辺のことはいずれ記事にしたいですね。

まとめ

  • 男性型脱毛症の原因は遺伝と男性ホルモンが関与する。

  • 発毛を謡う商品には科学的根拠がない商品が社会的に横行し、無効な治療法を漫然と続ける方がいる現状がある。

  • 発毛にはフィナステリド、デュタステリドの内服とミノキシジルの外用が有効である。
  • AGA専門クリニック、病院へ受診し検査を受ける。
  • 三か月から半年間は根気強く継続する。

以上です。今回は男性でしたが女性版も扱う予定です。

あとは、各治療方法を詳しく掘り下げていきますので

そちらもご参考ください。

*1

 
実際の治療に関しては、担当医師と相談の上

勧めて行くことを推奨してます。

 
 

*1:日本皮膚科学会ガイドライン:

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版